自己満足ゆるゆるパン焼き記録とおさんぽ記録etc
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

東京弾丸旅行(今年二回目)
出発の三日前に決まった東京弾丸一泊二日ツアーは、お台場からスタート。



お昼はカレー。(夕飯もカレー的なものやったけど、三食カレーでもウェルカム)



zeppダイバーシティ東京で森山未來の「ヘドウィグアンドアングリーインチ」というライブみたいなミュージカルのツアーファイナルを見て、
実寸大ガンダム(思ってたよりずっとちっちゃい)の前で調子のって写真をとり。



スカイツリーを隙間からながめ。



おいしいムーミンを食べ。



ムーミンママと相席をし。



半分しか光らへんのかよ、と憤り。
(翌日もともとそういうもんなんだと知る)



ラブリーなビジネスホテル(素泊まり七千円)で、友達ときゃっきゃして。
友達何人か集まって酒を飲みにゆき。(オリーブうまし)



台風で、警報が沢山でている中、イチジクと生ハムのピザを食べて幕をとじたのでした。

旅はたのし。
三日前に誘ったのにさくっと舞台をととのえてくれる友達たちに感謝。
パープルネイル
夏の終わりのことでした。
その日は雷雨の激しい夕暮れでした。
新月の夜です。

栗山千明の朗読会のライブビューイングに行きました。
京極夏彦の新作かきおろし、「鵺」が、その日の題材でした。
小畑健画のポストカードをおまけにもらいました。
朗読はいかにも京極夏彦な、境界線のあいまいな話で、
会場が、ガラガラだったので、ゆったりと、ぼやっとした、鵺の世界に浸れました。
素敵でした。
早く新刊でないかな。



その時の栗山千明のネイルが、紫で、とても印象的でした。
かわいいなと思ったので、帰ってから真似しました。

綺麗にぬれて、うきうきるんるん。
キラッと光るラメにますます満足しておりました。

翌日、それをみた妹が一言。

「何その色、ゾンビみたい。打ち身作ったんかと思ったわ」

翌日私は紫のネイルを落としますが、それは、この一言のせいではなく、仕事だったからとだけ言っておきましょう。

お久しぶりです
お久しぶりです。まよにぃです。

前回の更新はいつやったやら…復活してみました。
ツイッターとインスタグラムにうつつをぬかしておりました。
そろそろブログもいじることにしました。
瞬間瞬間の流れゆく出来事よりも、まとめて書くことがしたいなと思ったのです。
ぼちぼち更新してゆこうと思います。
どうせまたつづかないだろ?という感じの上から目線で期待しない感じで、よろしくお願いします。笑



夏の手抜き料理、トマトとナスのピザ。
今年はクリスピータイプの生地を研究中。
今年は野菜の実りが例年より遅く、毎年、ナスとトマトとキュウリであふれる冷蔵庫が、すっからかんです。
天候が不良なのかなぁ。
一人で四つ
「ちいさなレシピを1ダース」、一週分遅れていたけど、追いつきました。



マーラーカオ。
ケーキ型を持ってないので、鍋焼きうどんのアルミケースを型にしてみた。
ちょっと蒸しが甘かったです。



シュー。
シューには、中学生の時、友達と一緒にチャレンジして失敗したという悲しい思い出があります。
あの時から社会人になるまで、お菓子作りは、ほんとに下手くそだったのよ。
なので、あんまり作らなかった。
今、いろいろ楽しく作っているのが嘘のよう。
きっと丁寧さと、正確さにかけていたの。

初めて作って以来、一度も膨らんだことがないシュー…今回もこれで大丈夫なのか不安で不安で…
でも、今回は膨らんだ!
べっぴんさんではないけれど、膨らんでくれました。
しほさんありがとう!
膨らんでいるのをオーブンの外から見た時は泣きそうになりました。笑
カスタードをつめて、一人で四個、ぱくり。

今週も、なかしま賞の締め切りには間に合ってないんですが、楽しく作りたいし、焦っても仕方ないので、のんびり自分のペースで作っていこう。
マーラーカオにも納得いってないのでリトライしたいし♪
乗り遅れつつ挑戦中
なかしましほさんレシピはほんとに作りやすく、おいしくて、うまく作るための理屈を考える機会を与えて貰えるので作り甲斐があるのです。

ほぼ日刊糸井新聞で連載されている、なかしましほさんの、ちいさなレシピを1ダースという参加型企画に、毎週のり遅れつつついて行ってます。

これ、黒ごまスティック。



ほんでブラウニー。
レシピ通りだとあっさりしているなーと思ったので、個人的には、ラム酒効かせてちょっと濃い目の味にしたい( ̄^ ̄)



お客さん用はくまさん。



ほんで、おだんご。
生姜醬油でいただきました。
耳たぶの硬さ、というのが実はよくわからない。
今回は少し柔らかすぎました。

今、一週分乗り遅れているので、ゆっくり追いつこう。